スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るくなりました

寝室に取り付けたものの、暗くて照明としての役割を果たしていなかったTord Boontjeのペンダントライト。
口金の規格が異なる日本の電球を取付けるために、口金変換アダプターを購入して電球を交換してみました。
元気でんき119さんに相談して(施工後も親切にアフターケアの相談に乗って下さいます)、
E14→E17の変換アダプターに、60Wのミニクリプトン電球を付けてみました。

P1020353.jpg

今までの電球が25Wの明るさしかなかったので、結構明るくなって満足です。
壁に映し出される絵も、くっきりと鮮やかになりました。
照明を変えると、部屋の雰囲気がガラリと変わりますね。
リビングのシーリングライトも、交換しちゃおうかな~。
頼れる電気屋さんも見つかって、ちょっとだけ電気のことに詳しくなれました♪
スポンサーサイト

tag : トード・ボーンチェ Tord Boontje 照明

Tord Boontjeのペンダントライト 「Shadow Light」

P1020327.jpg

オランダのプロダクトデザイナー、Tord Boontje(トード・ボーンチェ)が大好きな私。
テーブルウェアや小物、彼がデザインしたミニノートPCまであれやこれやと集めて来ましたが、
ずっと憧れていていつか手に入れたいと思いながら、値段と大きさ故に手が出せなかったものがありました。
それが、「Shadow Light」という照明。
カラフルなビニールに描かれた動物や草花の影が、照明を灯すと壁に映し出されるファンタジックな作品です。

照明の直径は約70cm、高さが約40cm。
「どれだけ広くて天井の高い部屋に住めば!?」という、日本の一般家庭での使用を全く想定していない作り。
(オランダのデザイナーなので当然ですが・・・)
インテリアショップやショールームなどで見かけることはあったのですが、
いくら可愛くても自分の部屋に取り付けることを躊躇ってしまう大きさで、長い間うっとり眺めるだけの存在でした。

「いつか広くて天井の高い部屋に住んだら、寝室にこの照明を飾ろう」。
そう思っている間に時は流れ、数年後には生産終了品に。
日本のインテリアショップで購入することも、海外から取り寄せることも困難になってしまったのでした。
人間の物欲は、手に入らなくなった物にこそ募るもので。
生産終了の事実を知ってから欲しいという思いがますます強くなっていったのですが、
先日、この照明を取り扱っているオーストラリアのネットショップをたまたま発見。
問い合わせたら海外への発送も可能(「日本へは送ったことないけどトライしてみるよ!」とのこと)だったので、
思い切って購入してしまいました。
天井も別段高くない8畳の狭い部屋なのに、暴挙に出ました。
物が大きすぎて追加送料が掛かってしまったけれど、ずっと憧れていた照明、ゲットです。

PayPalで支払いを済ませてから約一週間。
貨物追跡サービスを毎日にやにやしながらチェックしていたのですが、遂に到着!!
・・・したのはいいけれど、ここからが大変でした。
極めて簡素な(不親切とも言う)英語の説明書に、一人暮らしの女子には難易度の高い照明の交換作業。
切れた照明を同じ物に交換するのは簡単ですが、照明自体を取り外して全くの別物に換えるのは初めての経験。
こんなときに彼がいてくれたらと思いました・・・(涙)。
そもそも家に脚立がなかったので、脚立をAmazonで取り寄せるところからスタートしたのですが。
数日で「一人じゃ無理!」と匙を投げる結果に。
同じ引っ掛けシーリング式の照明と聞いて安心して深く調べていなかったのですが、色々種類があるみたいで。
(そもそも「引っ掛けシーリング」なんて言葉自体、初めて知った・・・)
組立まで自分でやって、後は電気屋さんにお願いすることにしました。

P1020317.jpg

初めて利用した元気でんき119さん、明確な料金設定と5年保証付きでとっても好印象でした。
最初は便利屋さんに見積もりをお願いしたのですが、その半額のお値段で済みました。
しかも私が勘で適当に組み立てたためにアンバランスになっていたワイヤー部分まで直して下さったんですよ♪
こうして無事に取付けは完了。
いや~、やっぱり一人住まいには大き過ぎますね。

P1020325.jpg

夜になるのを待って、いざ点灯!

P1020335.jpg

・・・く、暗いです・・・。
照明が照明としての役割を果たしていない・・・。
小鳥やリスや馬、動物たちが影絵のように壁に映し出され素敵な世界が広がる・・・はずなのですが、
海外仕様の電球のため、ただでさえ暗い電球の半分の明るさ(?)しか出ていないらしく。
いくら寝室と言えど、これでは暗すぎる・・・。
口金変換アダプタを取り付けることによって、もっと明るい電球に交換出来るらしいので挑戦してみます。
電球を交換したら、また点灯画像をアップします♪

ひとまず、理想の寝室完成☆
少しずつ、自分の好きな物で埋まっていく一人の生活。
今夜から素敵な夢が見られそうです。

tag : トード・ボーンチェ Tord Boontje 照明

プロフィール

kukka

Author:kukka
メダカを眺めたり、果実酒を漬けたり、鼻歌を歌ったり、名古屋の1LDKの部屋でひとり暮らしをのんびりと満喫中。持たない暮らしに憧れつつ、物欲にまみれる日々。どうぞ宜しくお願いします♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

kukkaの本棚
検索フォーム
リンク
ユーザータグ

蕎麦 夜ごはん 展覧会 加藤久仁生 ケーキ ユーハイム シマリス 雑貨 恵文社一乗寺店 福田利之 クウネルくん クウネル ku:nel Tord Boontje トード・ボーンチェ 照明 一人ごはん 黄蜜柑 ゴールデンオレンジ 黄金柑 果実酒 黄金柑酒 ジャム 手作り パン 宝くじ お取り寄せ  SUD スニーカー marble 料理本 新刊 渡辺麻紀 キッシュ 植物 多肉植物 NHK-FM 渋谷系 ラジオ番組 神戸屋キッチン 朝ごはん フルーツサンド アクセ 小鳥 ete ネックレス 一人暮らしにちょっとイイもの 便利グッズ パスタ お酒 お猪口 熊五郎 多田誠三 楽土 ひとりごと おやつ ドーナツ 名古屋食べ歩き 買い物 掃除 エルゴラピード 晩酌 お風呂  鹿児島睦 日本酒 メダカ 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。